成分について

ナノソイ各商品のおもな成分

商品 成分 液性
ナノソイ ナノソイNS-No.1イメージ 大豆脂肪酸(大豆イソフラボン、α-トコフェロール、レシチン、など)、水 弱アルカリ性
大豆のチカラ ペット消臭 大豆のチカラ ペット消臭イメージ 大豆脂訪酸(大豆レシチン、大豆イソフラボン、α‐トコフェEr―ル含む)、水 弱アルカリ性
Eco de リムーブ Eco deリムーブイメージ ひまわりオレイン酸K、ヤシ油脂肪酸K、 グリセリン、ヤシ油脂肪酸ショ糖エステル、 燻液、クエン酸、水など 弱アルカリ性
ER(イーアール) ER(イーアール)イメージ ひまわりオレイン酸K、ヤシ油脂肪酸アシド、ヤシグリコシド、炭酸カリウム、エタノール、オレンジ油、フィチン酸、ヒノキチオール、カテキン、水など 弱アルカリ性

大豆脂肪酸を「ナノテクノロジー」と「バイオテクノロジー」最新の技術により洗浄・消臭・消毒を一挙に可能にした。

製品フ?ロセスイメージ

ナノソイ洗浄比較テスト

洗浄比較テストイメージ

ナノソイ微生物検査結果

抗菌力の比較検査をパン製造会社(京都)で実施。(検査機関:日本食品エコロジー研究所)
野菜サンドの中に入っている野菜の次亜塩素酸とナノソイを比較。

次亜塩素酸ナトリウム – メーカー指定のマニュアルに従う洗浄方法 –

  一般生菌数 黄色ブドウ球菌 大腸菌数
野菜(トマト、きゅうり、レタス) 54.000 陰性 30以下
野菜(たまねぎ) 240.000 陰性 30以下

ナノソイ大豆脂肪酸 – 1000倍希釈液に30分漬ける –

  一般生菌数 黄色ブドウ球菌 大腸菌数
野菜(トマト、きゅうり、レタス) 28.000 陰性 30以下
野菜(たまねぎ) 300.000 陰性 30以下

ナノソイ大豆脂肪酸 – 5倍希釈液に10分水でサッとすすぐ –

  一般生菌数 黄色ブドウ球菌 大腸菌数
野菜(たまねぎ) 5.700 陰性 30以下
野菜(たまねぎ) 7.700 陰性 30以下
野菜(たまねぎ) 14.000 陰性 30以下

※ナノソイの5倍希釈液に10分漬け、その後水にサッとすすぐという方法を採ると、従来不可能だったたまねぎの一般生菌数の減少が飛躍的に向上した。

その他の利点

  1. ナノソイには、危険成分がないので何度も水洗いする必要がなく、一度水に潜らすだけで 大丈夫だった。結果的に水の消費量を従来の半分から3分の1程度に減らすことができコストダウン することができた。
  2. ナノソイの鮮度保持効果でしなびた野菜も鮮度を取り戻した。1000分の1希釈液で充分な効果がでた。
  3. 希釈液の残液は、床の掃除ができ、排水路がきれいになり、排水口の臭いもなくなった。
  4. 従業員の手あれが改善され、手袋の使用が不必要になった。

商品購入・代理店応募・OEMなどのお問い合わせはお気軽に!